日本人の男性の中にはEDの症状を抱えている人が、数百万人いると言われています。
EDとは勃起不全などの症状のことで、男性機能が衰えるために発症します。
日本の病院で処方される種類の治療薬がありますし、海外ではそれぞれの国で承認を受けている治療薬が多数存在しています。
EDは医学的に原因がある程度解明されていますので、薬の力で症状を改善することが可能です。
自力で症状を良くすることは難しいですので、勃起力が低下していることで悩んでいる場合にはED治療薬を試してみると良いでしょう。

ED治療薬で一番人気のシアリスの秘密は?

考える男性 日本ではED治療薬というと、いくつかの種類のものがありますが、現在では一番シェアが高いのはシアリスです。
勃起不全などの症状の悩みを抱えている人で、治療薬を服用して改善させたいと考えている人の多くはシアリスを使用しています。

別の治療薬とシアリスとの特徴の違いは、大きく分けて2つあります。

1つは食事を摂っても薬の効果に影響が出ないという点です。
他のED治療薬の場合には、薬を服用する前後に食事を摂取してしまうと、効果に影響が出てしまう可能性があります。
食事の影響を受けて効力が弱まってしまうと、性行為のときに十分な勃起力が回復しない恐れがあると言えます。
性行為の前にデートをして食事を摂ることも多いわけですので、影響を受けないシアリスは一番人気の治療薬となっています。

2つ目のシアリスの特徴としては、有効成分の作用時間が長い点です。
別の薬を飲んだ場合には4~5時間ほどしか効き目の持続力が無いのに対して、シアリスであれば最大で48時間の効果の持続性があります。
そのために性行為の直前に飲む必要がなく、前もって服用しておくことで性行為に対応できる点がメリットです。
別名でウィークエンドピルとも呼ばれており、金曜日の夜に服用しておけば、日曜日まで効き目が持続するために、突発的に性行為をする展開になったとしても問題なく効き目を得ることが可能です。

EDを発症している人の場合には、勃起力が失われるのではないかという不安を抱えている人が多いために、精神的なプレッシャーを受けていることも考えられます。
シアリスであれば効果の持続が長いために、精神的に安心できることも大きな特徴です。
48時間にわたって効き目が長続きしますので、性行為をしている最中に勃起力が落ちてしまうことを防げます。

シアリスの正しい服用方法

服用方法を説明する薬剤師 シアリスはペニソールなどのサプリメントなどとは異なり、医薬品ですので服用方法を確認しておくことは大切です。
他の医薬品でも同じことが言えますが、服用するときには用法や用量を守る必要があります。シアリスには主に3つの種類があり、5mgと10mg、20mgが存在します。
有効成分の配合量によって、効き目の強さが変わってきますので、自分自身にとって適切なものを選択するようにしましょう。

服用する量としては1回につき1錠までと決まっていて、2錠以上を飲むことはできません。
一番効果の小さい5mgを飲んだときには、十分に勃起力を回復できるか不安になるかもしれませんが、2錠以上を飲むことは禁止となるために注意して服用することが重要です。
服用量が多すぎたときには、体に異変が生じることもあるために、万が一体調が悪化したときには病院に行って検査を受けることをおすすめします。
しっかりと効き目が得られるか不安になったとしても、自分の判断で服用量を増やすことは避けたほうが良いです。

基本的には水やぬるま湯で飲むことになりますが、理想的な服用方法としては性行為の3時間前が推奨となります。
他のED治療薬では1時間前や、直前に飲むことが推奨されていますが、シアリスは効果が現れるまでに時間がかかることが特徴です。
効き目が発現するまで時間がかかるために遅行性の薬とも呼ばれており、有効成分が体内に吸収されるまでに一定の時間が必要です。
従って、直前に服用するのではなく、前持って飲んでおくことがおすすめです。

食事を摂取しても問題はありませんし、アルコールを飲んでも薬の効き目が弱くなることはないです。
アルコールには精神面をリラックスさせる効果もあるので、多少であれば良い精神状態にするために有効です。

シアリスの購入方法は?

厚生労働省 シアリスは日本国内で厚生労働省の承認を受けているED治療薬となるために、病院で処方を受けることが可能です。
病院で処方してもらうためには、どこの医療機関に行けば良いというわけではなく、取り扱っている専門のクリニックを選択しなければなりません。
あらかじめクリニックのホームページを見て、シアリスの購入が可能かどうか把握してから来院したほうが無難です。

ただし、病院で購入するときには保険が適用されませんので、全額自己負担で買うことになります。
シアリスなどのED治療薬は保険適用外となり、自由診療に該当しますので、それぞれのクリニックごとに販売価格が異なります。
安く販売をしている病院もあれば、高値で買う必要があるところもあるために、事前の確認が重要になります。
1錠あたりの平均的な価格は10mgであれば1錠で約1700円、20mgであれば1錠で約2000円です。1回の性行為で1錠を飲まなければなりませんので、かなりの出費を覚悟しておくべきでしょう。

病院で処方してもらう方法以外の購入方法としては、ネット通販を利用することも可能です。現在様々なネット通販のサイトがありますし、個人輸入の方法で入手ができます。
個人輸入を代行しているネット通販を使って購入するときには、正規品を扱っているかが重要なポイントになります。
長く運営を行っている老舗の個人輸入の代行業者を利用することが理想で、偽物も多く出回っているために正規品を扱っているサイトを選ぶようにしてください。

ネット通販であればPCやスマートフォンから簡単な購入方法で、ED治療薬を入手できる点がメリットです。
自宅や通勤途中の移動時間などを利用して、手軽に注文ができますので、忙しい人の場合には利用しやすい方法と言えるでしょう。

国内製と海外製の違いは?

現在、シアリスは100か国以上で使用されていて、国内製と海外製があります。
病院で購入できるものは国内製の正規品で、安全性が高い医薬品と言えます。海外製との違いは安全面も挙げられますが、値段に大きな違いがあります。
国内製ではシアリスの後発薬を扱っている病院は少ないために、1錠の値段は高額です。1か月あたりに4錠ほどが必要になると考えると、1万円近くの費用をかけなければなりません。

ED治療薬は根本的な勃起不全を改善する薬ではなく、一時的に回復させる作用がある種類の薬ですので、継続的に飲むことになります。
何度も繰り返しシアリスを購入していては、出費がかさむことが予想できます。
海外製では後発薬が多数開発されていることが特徴で、1錠の値段が安いです。安値で購入できるために、日常生活における経済面で負担がかかる心配を軽減できます。

また、海外製の場合には種類が豊富です。先進国で作られているものから、後発薬を多く開発しているインド製のものまで多彩です。
薬は個人によって効き目が感じられない場合があるために、様々な種類を試すことで自分に適したものを見つけることが可能になります。
後発薬であれば、製造方法や含まれている有効成分は同じです。
そのために得られる効果も同様のものと考えられますので、安値で購入したとしても十分な効き目を感じることができます。

個人輸入を代行している業者の通販サイトごとに、販売しているシアリスの後発薬は異なっています。
安いことが特徴のものから、知名度の高いものまで自分の好みに適したものを選べることもメリットと言えます。
最近では水が不要で飲めるチュアブルタイプも登場していますので、どのような状況でも飲みやすくなっています。