タダシップによるED効果は?偽物に注意!

ED治療薬には先発医薬品の他に、後発医薬品いわゆる「ジェネリック医薬品」も存在しています。
日本国内で3番目に認可を受けたシアリスのジェネリック医薬品としては、「タダシップ」が有名です。
タダシップはインドの大手医薬品メーカーが製造を行っているED治療薬です。主成分もシアリス同様、「タダラフィル」となっています。

タダラフィルは、ホスホジエステラーゼという酵素の働きを抑制する効果を持つ成分です。
ホスホジエステラーゼが増え過ぎてしまうと、海綿体へと血流を促す物質を壊してしまい結果、EDを引き起こす原因となってしまいます。
タダシップを服用する事によって、ホスホジエステラーゼの働きが弱まり男性器部分の血流を促す作用や、血管を拡張させるような効果を発揮します。
このような作用の仕組みで勃起を補助するのがタダシップの特徴です。

タダシップは勃起補助の効果に優れているのはもちろん、その持続時間が長いという点も注目を集めています。
なんと服用後、最長で約36時間もの間効果を持続するED治療薬です。
この持続時間の長さから海外では、タダラフィルを有効成分としているED治療薬は「ウィークエンドピル」とも言われています。

1日に1回、1錠が服用の限度です。1度服用したらタダラフィルの効果が持続する、約36時間は空ける必要があります。
よりタダシップの効果を引き出したいのであれば、水かぬるま湯で服用するようにしましょう。
タダラフィルは水に溶けにくい性質がある成分なので、服用してから効き目が感じられるまで時間がかかります。
体質や体調などによって変わり、服用して自覚症状が現れる平均は約3時間です。
この事を考慮して性交渉を行う、約3時間前には服用しておくと良いでしょう。

ED治療薬の中には食事の影響を受けてしまうものもありますが、タダシップは比較的食事に影響されないと言われています。
食事のタイミングを考えて服用する必要が無いため、試しやすいED治療薬です。
ただし、医薬品ですので服用後に副作用が出たというケースも報告されています。
タダシップの副作用としては、頭痛、消化不良、背部痛、筋痛、鼻づまりといった症状が一般的です。
タダシップを試す際は、このような副作用がある事も頭の片隅に置いておきましょう。

タダシップは信用性がある通販サイトから購入しよう

ジェネリック医薬品は先発医薬品と比較した場合、価格がリーズナブルです。
できるだけED治療薬にかかる費用を節約したいという場合、ジェネリック医薬品を選ぶと良いでしょう。
持続効果が長いシアリスにも、「タダシップ」という名前のジェネリック医薬品が製造されています。
ただし、タダシップは日本国内で製造・販売する認可がまだ下りていません。手に入れるには海外から輸入する必要があります。

日本でタダシップを手に入れるという場合、海外の通販サイトやドラッグストアから個人で輸入する方法と、代理輸入業者が運営している通販サイトを利用する方法が一般的です。
海外から医薬品を個人輸入するという場合、言語や法律など色々なハードルをクリアしなくてはならいため、ほとんどの場合が通販サイトで購入する事になります。

通販サイトであれば代理輸入業者が購入者に代わり、全ての手続きを行ってくれるため、特別な知識が無くても日本国内で手に入らない医薬品も購入が可能です。
このような情報を知ると、すぐにでも通販サイトからタダシップを買いたいと思ってしまうかもしれませんが、どこの通販サイトでも安全性が確保されているとは限りません。

中には悪徳な業者もあり、タダシップの偽物を販売しているケースもあるので注意が必要です。
偽物だった場合、有効成分のタダラフィルが配合されておらず、全くEDを解消する効果が出ないというケースも考えられます。
また、タダラフィルが含まれていても少量だったり、製造している場所の衛生面が悪く危険な商品が売られている事もあるようです。

偽物だった場合、副作用が起こる危険性も高まるので通販サイトから購入する際は、信頼できるかどうかを必ずチェックしましょう。
大手の代理輸入業者だったり、クレジットカード払いができる、口コミの件数が多く、評価も高いという通販サイトであれば比較的安心です。
タダシップは医薬品ですので、自分の健康・体の事も考えて通販サイトの情報集めは慎重に行い選びましょう。